11月 25

家族に対する見直し

家族ができた時でも保険見直しは非常に重要で、検討しなければならないポイントを確認しながら行っていきます。例えば家を購入した時では住宅ローンの加入を検討しなければなりません。借りていこうとする時、団体信用生命保険へ一般的には加入していきます。万が一の時は死亡保険金や住宅ローンを見直していき、相殺する契約を結んでいくのもいいでしょう。住宅ローンで家計を押しつぶしていかないように、金額を十分に上乗せしていかなければなりません。

妊娠もしくは出産をした時には家族が増えていきますので、責任も高まっていきます。再度夫婦で保険について話し合い、家族が死亡して残された時に困らないように死亡保障をつけていかなければなりません。妻が専業主婦だった時は死亡して育児費用を検討することもあります。ベビーシッターや預かり保育所などに対して検討することも必要となりますので、多少の死亡保障を用意しておきましょう。

教育費も用意しなければならず、定期預金もしくは他の金融商品などによって対応しても問題ありません。しかし学資保険だと早めの加入が必要です。時期が早いほど保険料を安くすることができます。注意点として新規契約が成立していくまでは時間がかかりますので、既存の契約を解約しない方が懸命です。

11月 20

仕事での保険見直し

自分のライフスタイルが変わった時にも保険見直しが重要になっていきます。例えば就職した時は保険に全く加入していなくても、保護者の契約によって加入をしていても経済的に独立をしていくこと機に、自分のお金で改めて保険に入っていくことを真剣に考えていかなければなりません。

しかし若いうちは大きな保障を、家族を持っていない限り必要としません。とりわけ死亡保険は保険見直し時に、家族に対してお金を特別残そうと考える時以外は、葬儀費用を工面できるレベルで大丈夫です。しかし医療費を確保する必要はありますので、高額療養費制度を活用して支払っていけるように検討してもいいでしょう。最大で月におよそ9万円ほど支払えるまで、貯金が貯まっていく定期型の医療保険へ入ってもいいでしょう。

ビジネスにおいて起業もしくは独立した時でも保険見直しが重要で、会社員から自営業へ変わると厚生年金が国民年金へ切り替えなければなりません。公的な保障が少なくなってしまいますので、保険料を受け取れなくなってしまう可能性もあります。また医療保障においては有給休暇や、傷病手当金で生じる穴を所得補償保険によって埋めていかなければなりません。保険料で負担に感じていた時は、すぐにでも保険見直しが重要で、減額もしくは自営業が上手くいかなくなった時は緊急対処が必要です。

11月 12

保険見直しの重要性

ライフスタイルが変わっていくに連れ、家計をどのように変えていかなければならないか、考えていかなければなりません。そこで重要なのが保険見直しで、加入している保険の費用を調節する必要があります。調節は意外に難しく、どうしても保険料に気をとられてしまうこともありますが、保障のグレードを保険料で下げてしまうと特約などがなくなってしまうこともあるので、商品選びは気をつけなければなりません。

基本的な原則として、保障内容や保険料、そして期間について洗い直していきます。契約している保険証券の内容を確認しながら、必要もしくは不要な内容を洗い直していきます。例えば死亡保険に加入している人は、契約当時と現在の内容で金額が食い違っていることもあります。子供が大きくなったり住宅ローンを減らしたりと、ライフステージで変わっていく保障額を見極めていきます。節目で色々と忙しくなりますが、保険見直しは極力早めに行うように心がけていきます。誤った判断をしていかないように注意しながら、調節を行う必要があります。

保険見直しでは商品を徹底的に比較していきながら決めていきます。大きな保障を極力削っていき、足りない保障を徐々に付け足していきます。既存契約は特約で補っていくだけでも可能ですが、別の保険会社の保険を新規契約していくのもいいでしょう。支払える予算内で調節しながら、必要な保障を揃えます。保険会社の比較を時間をかけて入念に行っていき、クオリティを見極めましょう。

関連HP-生命保険の無料相談/見直し【保険ゲート】