«

»

11月 20

仕事での保険見直し

自分のライフスタイルが変わった時にも保険見直しが重要になっていきます。例えば就職した時は保険に全く加入していなくても、保護者の契約によって加入をしていても経済的に独立をしていくこと機に、自分のお金で改めて保険に入っていくことを真剣に考えていかなければなりません。

しかし若いうちは大きな保障を、家族を持っていない限り必要としません。とりわけ死亡保険は保険見直し時に、家族に対してお金を特別残そうと考える時以外は、葬儀費用を工面できるレベルで大丈夫です。しかし医療費を確保する必要はありますので、高額療養費制度を活用して支払っていけるように検討してもいいでしょう。最大で月におよそ9万円ほど支払えるまで、貯金が貯まっていく定期型の医療保険へ入ってもいいでしょう。

ビジネスにおいて起業もしくは独立した時でも保険見直しが重要で、会社員から自営業へ変わると厚生年金が国民年金へ切り替えなければなりません。公的な保障が少なくなってしまいますので、保険料を受け取れなくなってしまう可能性もあります。また医療保障においては有給休暇や、傷病手当金で生じる穴を所得補償保険によって埋めていかなければなりません。保険料で負担に感じていた時は、すぐにでも保険見直しが重要で、減額もしくは自営業が上手くいかなくなった時は緊急対処が必要です。