«

11月 25

家族に対する見直し

家族ができた時でも保険見直しは非常に重要で、検討しなければならないポイントを確認しながら行っていきます。例えば家を購入した時では住宅ローンの加入を検討しなければなりません。借りていこうとする時、団体信用生命保険へ一般的には加入していきます。万が一の時は死亡保険金や住宅ローンを見直していき、相殺する契約を結んでいくのもいいでしょう。住宅ローンで家計を押しつぶしていかないように、金額を十分に上乗せしていかなければなりません。

妊娠もしくは出産をした時には家族が増えていきますので、責任も高まっていきます。再度夫婦で保険について話し合い、家族が死亡して残された時に困らないように死亡保障をつけていかなければなりません。妻が専業主婦だった時は死亡して育児費用を検討することもあります。ベビーシッターや預かり保育所などに対して検討することも必要となりますので、多少の死亡保障を用意しておきましょう。

教育費も用意しなければならず、定期預金もしくは他の金融商品などによって対応しても問題ありません。しかし学資保険だと早めの加入が必要です。時期が早いほど保険料を安くすることができます。注意点として新規契約が成立していくまでは時間がかかりますので、既存の契約を解約しない方が懸命です。